アレルギー性鼻炎の症状に速攻効くおまじない

女医

聞こえにくい場合の対策

診察室

難聴と言っても人それぞれ低下した機能は異なり、聞こえ方にも差があります。そのため、補聴器にはそれぞれの症状に合った音の補正が求められています。補聴器を利用するときは、自分の症状をしっかり把握して適切な補聴器を使う必要があるのです。

読んでみよう

無呼吸症候群かもしれない

カウンセリング

いびきの原因はいつくかありますが、無呼吸症候群の不安に感じたならば、まずは新宿にある耳鼻咽喉科で相談してみることが大切です。いびきは、もしかしたら重篤な病気の恐れがあります。医師に相談してみましょう。

読んでみよう

二種類あります

男の人

原因を調べます

アレルギー性鼻炎には、通年性アレルギー性鼻炎と、季節性アレルギー性鼻炎があります。通年性アレルギー性鼻炎は、ほこりやダニなどが原因で起こります。主な症状は、くしゃみ、鼻づまり、鼻水です。このような症状が長く続きます。治療は、まず原因を特定することから始めます。原因がわからないうちは、症状を和らげるための治療を行うことしかできないため、注意します。原因は、血液検査で調べることができます。どのようなときに症状が現れるのかを探ったうえで、考えられる項目を検査します。原因がほこりであった場合には、こまめに掃除をする、カーテンを洗濯する、カーペットを敷かないなどの対策が考えられます。また、部屋の換気を良くすることも大切です。

植物の花粉が原因です

季節性アレルギー性鼻炎は、通年性アレルギー性鼻炎と同じような症状が現れます。くしゃみ、鼻づまり、鼻水といった通年性アレルギー性鼻炎の症状に加えて、目のかゆみ、のどのかゆみ、涙目、微熱、倦怠感、腹痛などの症状もみられます。原因は、植物の花粉です。特にスギの花粉は、多くの人にみられる原因物質です。スギ花粉は、毎年一月から五月ごろまで飛散します。スギ以外には、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、ブタクサ、ナガハグサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉も原因になる植物です。季節性アレルギー性鼻炎が疑われる場合に、血液検査を受ける人が多くいます。血液を採取して検査をするだけで、どの植物の花粉がアレルギーの原因であるかわかるため、人気があります。

選ぶときのポイント

耳

最初に補聴器認定医のいる耳鼻科を受診しておけば、補聴器の選び方に失敗しないでしょう。レンタルサービスを利用すれば、どのタイプやメーカーの補聴器が自分に合うのか事前に確かめることができるので安心です。

読んでみよう