無呼吸症候群かもしれない|アレルギー性鼻炎の症状に速攻効くおまじない

アレルギー性鼻炎の症状に速攻効くおまじない

医者と看護師

無呼吸症候群かもしれない

カウンセリング

まずはいびき

いびきは睡眠中に起こりますが、鼻または喉に近い所に空気があたり、音が発生します。もし、これが喉に腫瘍がある場合、呼吸しづらくなるためいびきは起こりますが、これとはまた異なります。また、日本人は西洋人と比べてみると、少し気道が細いため、いびきが起こりやすいと言えます。しかし、原因はそれだけではなく、肥満ぎみの体型の方だと、首やのどの周りに脂肪がついていることで、気道や塞がりぎみになり、無呼吸症候群という病によって、いびきが発生する場合もあります。さらに、以上にいびきをかく人は、重い病を発症している場合があるので、すぐ病院へ行くことが良いでしょう。また、無呼吸症候群かどうかは新宿にある耳鼻咽喉科で検査を行いましょう。

いびきは治療が可能です

新宿駅付近にはたくさんのクリニックがあります。特に耳鼻咽喉科は、他の診療と合わせたクリニックもありますが、新宿には日曜日も診察している耳鼻咽喉科もあるので安心です。いびき療法として、空気を取り入れる枕、鼻腔を広げて空気の通りをよくするテープ、下あごを前方へ動かして呼吸を良くするマウスピースなどを使用した方法などがあります。無呼吸症候群の治療を行うには、持続陽圧呼吸法という、空気圧をある程度一定に送り続ける方法などがあります。睡眠で呼吸に障害が起こるということは、いびきが証明しているので、睡眠こそ質を整えなければ、頭痛や高血圧、うつ病などの発症の原因になりかねません。質の良い睡眠をとるようにするためには、医師に相談をしてみるのが良いです。新宿の耳鼻咽喉科では、相談も行っているので安心できます。