選ぶときのポイント|アレルギー性鼻炎の症状に速攻効くおまじない

アレルギー性鼻炎の症状に速攻効くおまじない

医者と看護師

選ぶときのポイント

耳

耳鼻科へ行こう

補聴器の選び方に失敗しないためにも、最初に耳鼻科を受診するようにしましょう。補聴器の選び方に失敗してしまう最大の要因は、自分の判断で補聴器の善し悪しを決めてしまうことです。耳の聞こえだけで補聴器を安易に選んでしまうと、あとで不具合が発生する場合があるので注意する必要があります。まずは耳鼻科へ行って、自分の今の耳の状態を確認してもらいましょう。補聴器認定医のいる耳鼻科であれば、補聴器の選び方やお店などを紹介してくれるので非常に便利です。選び方でわからないことがあれば、認定医に質問をして疑問を解消しておくようにしましょう。補聴器は非常に高価な買い物なので、選び方に失敗しないように注意してください。

タイプ別の特長を知ろう

補聴器には様々なタイプがあるので、予算や目的に合わせて使い分けるようにしましょう。他人にバレずに使用したいのであれば、耳穴タイプがおすすめです。耳穴タイプは耳の穴にすっぽり埋まるようにデザインされているため、補聴器を使用していることがわかりづらく、精神的なストレスを軽減することができます。予算を安く抑えたいのであれば、ポケット型タイプがおすすめです。ポケット型タイプの多くは10万円以下の安い費用で購入することができるため、経済的な負担を軽減することができます。どのタイプが自分に合うかどうかわからない場合は、補聴器のレンタルサービスを利用して、性能や使い心地などを事前に試してみると良いでしょう。