聞こえにくい場合の対策|アレルギー性鼻炎の症状に速攻効くおまじない

アレルギー性鼻炎の症状に速攻効くおまじない

医者と看護師

聞こえにくい場合の対策

診察室

聞こえることを助ける器具

耳が良く聞こえないことを「難聴」と言います。その難聴を解消する器具が「補聴器」です。その補聴器に求められているのは「小さな音を聞き取りやすくすること」「はっきりとした言葉を伝えること」「テレビや音楽の良い音質を保つこと」「周囲の異変に気がつきやすくすること」と、主にこの4つです。聞こえにくい小さな音を、良く聞こえる大きな音にするのは補聴器の基本的な機能ですが、音量に関係なく一部の周波数が聞こえにくい難聴や必要な音を聞き分けられない難聴という場合は音量だけでは解決しません。また、ただ会話の内容が分かるだけでは快適とは言えません。音質が変わり過ぎては音楽などが楽しめなくなってしまいます。それに危険を伝えるためにも聞こえる音が変質し過ぎるのは良くはないのです。

聞こえ方の違い

一概に難聴と言っても色々な症状があります。聴力の低下によって小さな音が聞こえにくくなるというのはよくあると思いますが、特定の周波数帯の音が聞こえにくいという難聴もあります。加齢による老人性難聴では青少年に聞こえる高い音が聞こえにくくなっているというのは有名な話です。また聞こえる周波数にムラがあることで会話と雑音の聞き分けが困難になるという症状も見られます。このようなものは聴覚器官の機能低下が原因ですが、それ以外に音を脳が処理する能力の低下により早口を処理しきれずちゃんと聴き取れなくなるという難聴もあります。このような症状を緩和するために、最新の補聴器には音を処理するためのコンピュータが組み込まれていて、まだ正常に機能する部分を生かせるように音を補正して聞きやすくしているのです。